2011年11月21日

【ユニバーサル上映】函館上映会のお知らせ

今週末ですが、26日(土)〜27日(日)と
第6回北海道ユニバーサル上映映画祭・函館上映会が開催されます。

障害の有無にかかわらず、映画文化等を共有し楽しもうという企画です。
(音声ガイド、日本語字幕、補聴援助システム、ミュージックサイン 等を実施)

会場 : 函館市総合福祉センター 5階多目的ホール
     住所 函館市若松町33−6 

【チケット】 一  般… 800円  小中高生… 500円

※チケットの半券持参で2本目の映画が以下の料金になります。
  一 般:700円  小中高生:300円

【日程】

●11月26日(土)
14時00分:開場
14時20分:映画祭感想文表彰(30分)
15時00分:地元グループによる太鼓演奏 「とことん座」(20分)
15時40分:「幸せの太鼓を響かせて」上映開始
17時26分:上映終了
18時00分:「369のメトシエラ」上映開始
19時45分:上映終了


●11月27日(日)
10時00分:開場
10時20分:地元グループによる太鼓演奏 「とことん座」(20分)
11時00分:「幸せの太鼓を響かせて」上映開始
12時46分:上映終了
13時20分:「369のメトシエラ」上映開始
15時05分:上映終了
15時15分:ユニバーサルホームシンポジウム
       「みんな この街で暮らしつづけたい−ユニバーサルな社会をめざして!」
16時15分:終了

上映作品(2本)
「幸せの太鼓を響かせて」 
知的障害がありながら全国2位に輝いたプロの和太鼓集団の感動の記録をまとめたドキュメンタリー作品。

「369のメトシエラ」
「ぴあ」映画満足度ランキング1位(90.2点)を獲得した作品で、東京を舞台に
現代人の多くが抱える孤独感と心の再生をファンタジックな語り口で描くヒューマン・ドラマ。

詳細はそれぞれのオフィシャルサイト、または下記のメール転載内容をご参照ください。

<以下、実行委員長・島さんからのメールより転載します>

今回のテーマは、1人1人を包摂する社会(ソーシャル・インクルージョン)。

この「1人1人を包摂する社会」は、日本政府がこの程社会再編の緊急政策提言として
打ち出したタイムリーなテーマでもあり、まさに当映画祭の普遍のコンセプトにも通ずる大切なテーマです。

是非、映画の感動と共に、明日の社会を語り合う、そんな素敵なひと時を皆様と
共有することが出来ますとこの上なく幸せに存じる次第です。
当日は、多くの皆様のご来場を心からお待ちいたしております。

以下には、上映作品とコラボ企画のご案内を記させていただきます。
長文になってしまいますが、最後までお読みいただけますと幸いです。


◆ 映画<幸せの太鼓を響かせて>上映と <とことん座による太鼓演奏> ◆

・上映前の太鼓演奏について
「幸せの太鼓を響かせて」上映前にご出演いただく「とことん座」は、函館の視覚障害者の
メンバーを中心に活動する太鼓グループです。毎年、芸術ホールでの障碍者ふれあいコンサートで素晴らしい演奏を披露しております。
今回は、太鼓の映画「幸せの太鼓を響かせて」の上映とのコラボライブ企画として、ご出演いただけることとなりました。

・上映作品「幸せの太鼓を響かせて」について
 オフィシャルサイト
http://inclusion-movie.com/

この映画は、知的障害がありながら全国2位に輝いたプロの和太鼓集団の感動の記録をまとめたドキュメンタリー作品。
主人公「瑞宝太鼓(ズイホウダイコ)」のメンバーは、全国各地で年間に130回ほどの公演を
こなす長崎県を拠点に活動するプロ集団です。
「この映画の全ての音楽を担当し、映画にも出演されている「時勝矢一路(ジショウヤイチロ)さんは
太鼓表現師として国内は元より、世界で幅広く活躍されている方で、以前には函館市民会館でもコンサートを行ったことがあり
函館の中にもファンの方も多いことと思います。
映画の中で、時勝矢さんが瑞宝太鼓のメンバーに書き下ろした『漸進打波』という曲は
大変難易度の高く素晴らしい曲で、彼らが全力で取り組む姿勢と演奏のクオリティには
思わず総毛立つ震えを覚えてしまうほどです。
彼らの真っ直ぐに生きる姿と共に、聞くもの・観るもの全ての心に勇気と感動を響かせてくれる。そんな素敵な作品です。


◆ 映画<369のメトシエラ>上映と <シンポジウム> ◆

・上映作品「369のメトシエラ」について
 オフィシャルサイト http://www.junglewalk.co.jp/369/top.html

この映画は、「ぴあ」映画満足度ランキング1位(90.2点)を獲得した作品で、
東京を舞台に現代人の多くが抱える孤独感と心の再生をファンタジックな語り口で描くヒューマン・ドラマ。

他人との接触を避けて暮らし、心を閉ざしていた主人公が、戸籍の存在しない不思議な老婆と出会い
その社会のすき間の中から、自分の居場所と人間らしさを掴みかけていく。
今日の希薄な社会を独特なタッチで描出する作品で、まるで異世界小説を読んでいるような気持ちになる不思議な作品です。
自分の存在と向き合えた時、・・・・・。共に異世界小説の世界にいざなわれましょう!

・シンポジウム
「みんな この街で暮らしつづけたい−ユニバーサルな社会をめざして!」について

「369のメトシエラ」最終上映後のコラボ企画として行います。
進行役をお願いしましたのは、誰もが住み慣れた地域で生涯を暮らし続ける社会を目指す
「ユニバーサルホーム函館をつくる会」の理事長の和泉森太さんです。
お二人のシンポジストをお招きして、地域の中で、誰でもガ自分らしく暮らし続けることの出来る社会のあり方について
それぞれの思いや体験談、ご提案を発表いただき、会場とのディスカッションを行います。
シンポジストは、地元で活躍する視覚障害者と聴覚障害者の当事者になります。
今年最後の上映「369のメトシエラ」をご鑑賞いただいた後に、2011年映画祭のラストを飾っていただきます。

(ここまで)
posted by akki at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

青森大会放映・NHK「ろうを生きる難聴を生きる」

お知らせが遅くなりました〜。

NHK教育の番組「ろうを生きる難聴を生きる」で、先月の「全難聴福祉大会inあおもり」の様子が放送されます。
本放送はもう終わってしまいましたが、再放送がまだ残ってます。
災害の分科会についての模様などがわかりますので、お時間のある方はご覧下さい。
明日11月4日(金)12:30〜12:45 です。

お昼休みの方は、携帯のワンセグでどうぞ〜。

詳細は、下記サイトを覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/fukushi/chokaku/backnumber/2011/10/1030.html
posted by akki at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

第55回・精神保健北海道大会in函館

9月も本日で終わりです〜。
結構イベントやらで大変だったんですが、振り返ってみると3回しかアップしてないですね…(反省

第55回・精神保健北海道大会in函館 のご案内をいただいておりました。
明日、10月1日(土)の開催なのですが、式典と記念講演に要約筆記をつけていただけることになりました!
記念講演も興味深い内容なので、今から楽しみです。主催者さまに感謝!です。(^^)

『第55回・精神保健北海道大会in函館』
−自然から学ぶ、ねばり強い心−


日時:10月1日(土)13:00〜16:30(12:00より受付)
場所:函館市芸術ホール (入場無料)

内容:※要約筆記は大会式典からです。

13:00 開会・アトラクション(トラベリングバンド「ひのき屋」)
13:50 大会式典(功労者表彰など)
14:50 記念講演
16:30 閉会

【記念講演】 

「迷路を解く巨大アメーバ細胞:粘菌」

講師 中垣俊之 氏(公立はこだて未来大学教授)

イグノーベル賞
NHK「爆笑問題の日本の教養」爆ノーベル賞
函館市長賞 等受賞

申込み不要で、当日直接会場へ行くことでOKとのことです。

(豆知識)
函館市芸術ホールは磁気誘導ループ(補聴援助システム)が敷設されています。
補聴器、人工内耳に「T」「MT」モードや、電話聞き取りモード?などがある方はお試しください。
posted by akki at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

第6回 北海道ユニバーサル上映映画祭 HOKUTO 2011

8月中旬あたりからこっち、毎週末立て続けにイベントやお祭りで、秋にさしかかってるんだね〜
って感じのこの頃ですが…

今年もこのイベントの時期がやって参りました〜!

『 第6回 北海道ユニバーサル上映映画祭 HOKUTO 2011 』

9月16日(金)〜18日(日)の3日間ですが
今年は同じ会場で他イベントが開催されるなど、さらに賑やかな内容になりそうです。

日程、上映映画などについては、以下のサイトをご確認ください。

http://inclusive-t.com/local/hokkaido-universal-movie/leaflet-6th/

今年も、「じっくり」「しみじみ」観させてくれそうな映画がそろっています。
ぜひご来場ください〜!

また、9月16日(金)の映画祭前には「バリアフリー推進セミナーin北斗」があります。
手話通訳はつくようですが、要約筆記はどうかな?


9月17日(土)には、協同開催として
「北斗市福祉大会」「北斗市福祉まつり」もあります。
こちらは申込み不要、入場無料でっす。

posted by akki at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

第17回・函館市総合福祉センターまつり

久々のアップでございます〜。以下、イベントのお知らせでっす!

函館中失協も、例年バザーで参加している「函館市総合福祉センターまつり」です。
様々なイベントや模擬店がありますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください!\(^0^)/
(各セレモニーやイベントには要約筆記と手話通訳がつきます。)

日時:8月21日(日) 10:00(開会式 9:40)〜14:00
場所:函館市総合福祉センター(若松町33番6号)

以下、チラシより一部抜粋。

<催し物>
・プールで水あそび(10:00〜13:00)※希望者は水着をご用意ください。
・カラオケ道場(1階)
・自転車オークション
・ふれあいカラオケのど自慢
・「囲碁、将棋道場」(2階)
・お化け屋敷(4階)
・5階イベントステージ
 宇賀の浦中学校吹奏楽部
 ロックバンド「ブラッドシュガー」
 芸能ショー(舞踊、歌謡、ジャズバンド)

<模擬店>
・屋外、多目的広場
 焼きそば、ほたて焼き、綿アメ、たこ焼き、焼き鳥、飲み物他
・呈茶席、喫茶コーナー、ふれあい休憩所、ネイル&バルーン(3階)
・縁日遊び(4階 くじ、ミニゴルフ、かき氷、カレーライス、みそこんにゃく)
 ※要チケット購入。

<バザー> 
5階特設会場 農産物、海産物、生活用品を格安で販売!
・事業所製品即売コーナー
・ボランティア連絡協議会バザー
・身障連ふれあいバザール ← 函館中失協も出店!!

<福祉相談・展示コーナー>
・点字図書館見学コーナー
・入浴サービスに関わる説明、介護用品に関する説明

(以上)

※ご来場には、市電・バスのご利用にご協力ください。

※当日は臨時駐車場をご利用ください。
(「北海道日水」からは、センターとのシャトルバス運行あり)
「北海道日水」より 9時〜13時まで 10分、30分、50分 発
 福祉センターより 9時〜13時まで 00分、20分、40分 発

臨時駐車場1.JPG

※他、「高砂母子ホーム」(50台)、はこせき(20台)が臨時駐車場となります。 

臨時駐車場2.JPG
posted by akki at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

「全国難聴者・中途失聴者福祉大会 in あおもり」のご案内 

ついについに…「第17回 全国難聴者・中途失聴者福祉大会 in あおもり」の案内がキター!! です。(^0^)

実行委員は、例年「青函難聴者の集い」でお世話になっている方ばかりですが
青森協会の皆さんの笑顔とおもてなしと、自らの工夫による「手作りの福祉大会」とすることで
リーズナブルな価格設定とし、少しでも多くの方に青森大会へお越しいただけるよう
準備を進めておられるとのことです。

当初から予定の「2大講演」の他、分科会も魅力ある内容となっていますね〜。
懇親会も楽しみでっす!
3日目の観光も、青森協会の皆さんにご案内いただくことで格安になっているとのことです。

難聴者も中途失聴者も、要約筆記者も健聴者も、10月8日〜10日は予定を空けて
お誘い合わせのうえ、青森へ集結しましょう!!\(^o^)/

以下、大会サイトです。
http://www6.ocn.ne.jp/~sekoiya/



posted by akki at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

七飯上映会・臨時バス時刻表

いよいよ今週末となりました「第6回北海道ユニバーサル上映映画祭・七飯上映会」ですが
臨時の送迎バスが運行します。時刻表は以下の通りです。

「行きたいけど交通が〜」という方、ぜひご利用ください!(^^


臨時バス運行表


●6月25日(土)

 【函館→七飯】

 12時40分  函館視力障害センター出発

 13時00分  函館市総合福祉センター(裏門)

 13時30分  七飯町文化センター到着


 【七飯→函館】

 17時00分  七飯町文化センター出発

 17時30分  函館市総合福祉センター

 17時50分  函館視力障害センター到着


 【北斗→七飯】

 13時00分  北斗市かなで〜る出発

 13時30分  七飯町文化センター到着


 【七飯→北斗】

 17時00分  七飯町文化センター出発

 17時30分  北斗市かなで〜る到着


●6月26日(日)

 【函館→七飯】

 11時40分  函館視力障害センター出発

 12時00分  函館市総合福祉センター(裏門)

 12時30分  七飯町文化センター到着


 【七飯→函館】

 17時20分  七飯町文化センター出発

 17時50分  函館市総合福祉センター

 18時10分  函館視力障害センター到着


 【北斗→七飯】

 12時00分  北斗市かなで〜る出発

 12時30分  七飯町文化センター到着


 【七飯→北斗】

 17時20分  七飯町文化センター出発

 17時50分  北斗市かなで〜る到着

posted by akki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

震災関連情報

3月11日の地震から、もうすぐ2ヶ月になろうとしています。

全難聴などの聴覚障害当事者団体や、要約筆記等支援者団体で組織した
県単位の対策本部も、東北や北関東の被災地や近隣県で立ち上げられているようです。

そんな中で、被災地協会でツイッターで情報提供するなど精力的に活動されている
みやぎ・せんだい中途失聴者難聴者協会(みやぎ難聴協)で、協会の機関誌である
「みみっと」の震災特集を発行されたとの情報連絡をいただきました。

当地の支援活動状況はもとより、各方面からの支援なども書かれており
これまでの経過もわかる、とても実用的な内容になっています。

ホームページ版のアドレスは以下のとおりです。

http://www.normanet.ne.jp/~miyanan/d/11041215.htm

上記アドレスをクリックすると、ホームページ版15ページの「みみっと」の表紙が開きます。
画面右下に、ページをめくるボタンがあります。
「次へ」をクリックして次ページに進むことが出来ます。


posted by akki at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

東北地方太平洋沖地震・全難聴ブログ

この度の地震で被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。。。

さて全難聴では、今回の地震について対策本部を立ち上げ、関係情報を収集し
聴覚障害者への情報提供を行うこととしており、この度ブログをアップしましたのでお知らせします。

東北地方太平洋沖地震全難聴対策本部ブログ

ぜひご参照ください。

「青函難聴者の集い」で交流のある、青森県難聴者・中途失聴者協会の皆さんについては
全員無事との情報が入りました!!良かったです〜〜〜...。(T_T)
posted by akki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

字幕・手話付きで緊急災害放送

全難聴からの情報連絡です。

CS障害者放送で流している「目で聴くテレビ」での字幕・手話つき緊急災害放送を
インターネットでも視聴可能とのことです。

(以下、メール転送)

拡散希望!!【CS障害者放送統一機構より】
15時10分から字幕・手話付きで緊急災害放送を実施していますが、「目で聴くテレビ」では初めてインターネットによる放送を同時に開始しています。
http://www.astem-co.co.jp/em/em.html
「目で聴くテレビ」インターネットホームページ「緊急災害放送」より見てください。
インターネット放送は、携帯、Ipad,iphoneでも見ることができます。
これは、今京都聴覚障害者情報提供施設と共同で準備を始めている、ライブとオンデマンドの実験チャンネルです。

災害についての情報をお寄せください。また、各地、各団体連絡広報があれば放送しますのでご連絡ください。
ipad, Iphone,は字幕だけの放送が見ることができます。
衛星中継車は、12日出動の態勢に入っています。
posted by akki at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

耳の日関連・その2「手話の集い」

3月3日は「ひな祭り」ですが、「耳(33)の日」でもあります。

この前後は、各地の聴覚関係団体などで「耳の日」にちなんだイベントが多いようです。
3月6日(日)がピークですかね?
函館では、函館聴覚障がい者協会主催で「手話の集い」があります。
当日券もあるようなので、興味のある方は立ち寄られてはいかがでしょ?
なお、要約筆記の用意もあるようです。
手話がわからない、あるいは少しはわかるが完全に読み取れないという聴覚障害者の方々にも
内容がご理解いただけるかと思います〜。

3月6日(日) 10:00〜14:30(受付9:30)
函館市総合福祉センター 5階多目的ホール

<プログラム>

(午前の部)講演
演題:「ろう運動と私」
講師:蠣崎 日出雄((社)北海道ろうあ連盟長)

(午後の部)アトラクション
函館聾学校児童生徒による「リズム」披露
手話劇「言葉のずれ」
手話クイズ「手話検定にチャレンジ」
手話コーラス」

<入場料>
当日チケット…800円(弁当無し)※小学生以下は無料
posted by akki at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

耳の日関連・その1

『耳の日』地デジ推進・字幕放送キャンペーン とのことです。

(以下、サイトからの情報)

3月5日(土)10:30〜11:25
耳の日特番「なんくるないさあ 〜今井絵理子が息子と歩んだ6年〜」


『字幕付きCMトライアルにつきまして』

地上波デジタル放送での字幕付きCMは民放連及び民放各社で課題整理や検証を行っています。
今回主旨に賛同した複数のスポンサーからの字幕付きCM素材を受けて全国ネットで放送を行います。

(ここまで)

字幕入りCMは、以前も試験的に実施されたことがありましたね〜。
今後も、どんどん実施してほしいです。

あとは、公共の場や病院などの待合室でTVを流しているところは
「字幕機能 ON」でお願いします〜。じゃないとせっかくの字幕も見れませんで...。
posted by akki at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

耳鼻咽喉科医による「耳の無料相談会」

耳鼻咽喉科医による「耳の無料相談会」

事前申込みは不要。当日直接会場にて受付可能とのことです。

日時:2月27日(日) 10:00〜12:00
場所:北海道新聞函館支社(五稜郭町31-3)
主催:日本耳鼻咽喉科学会北海道地方部会、函館耳鼻科医会、北海道新聞函館支社

<担当医師> 
 治耳鼻咽喉科院長 山口浩治 先生
 北斗耳鼻咽喉科クリニック院長 山谷浩信 先生

<内容> 耳の診察(問診)、耳「聞こえ」についての医療相談、福祉相談

 ※当日、医師による「治療」はありません。
 ※会場(道新ビル)には駐車場がありませんので、ご留意ください。


毎年、3月3日の「耳の日」が近づくと実施されていますね。
今年ご担当の先生は、どちらも北斗市の医院です。
posted by akki at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

「We Love コミュニケーション」学習会

全国の聴覚障害当事者団体と通訳者団体が協力して行動展開している
署名とパンフレット普及の取り組みについての学習会(講演会)が開催されます。
参加無料、事前の申込み不要ですので、お気軽にご来場ください。

(以下)

〜 We Love コミュニケーション 〜
『聴覚障害者制度改革の動きと、署名・パンフ普及』学習会

日時:2月13日(日)9:30〜12:30(終了予定)
場所:函館市総合福祉センター 4階会議室(あいよる21)
講演:「We Love コミュニケーション 私たちの取り組み
    〜障がい者制度改革推進会議から見えてきたもの〜」

講師・助言者:聴覚障害者制度改革推進北海道本部 金原浩之氏(北海道ろうあ連盟理事)

<講演概要(案内チラシより)>
2007年9月、日本政府は『国連障害者権利条約』(※1)に署名しました。
今後は批准(※2)し、この条約の考えに基づいて、国の福祉制度を見直していく必要があります。
そのために、現在「障がい者制度改革推進会議」が月に2回内閣府で開催され
障害当事者の団体からも参加して意見を出しています。
でも、その内容や流れは理解するにはちょっと難しい!!

聴覚障害者独自の取り組みはなぜ必要なんだろう?
聞こえない・聞こえにくい人が様々な場面で「情報コミュニケーションの保障」を得られ
社会に「完全参加」できるための福祉制度には、どういう視点が必要なんだろう?
この取り組みの目的や基本的な考え方など、わかりやすくご講演いただきます。

【※1】「国連障害者権利条約」

2006年12月13日に国連総会で決議され、2008年5月3日に発効された国際条約。
障害者のために新しい権利を作るものではなく、人として当たり前に暮らす権利と自由を
障害の有無に関わらず認め、生活できることを目的としたもの。

【※2】「批准(ひじゅん)」
署名した条約を、議会の同意を得て正式に結ぶこと。
国際条約は国内の法律より上に位置するため、批准するには
国内の法律や制度を条約内容に合うものに改正する必要があります。


☆情報保障(聞こえのサポート)
手話通訳・要約筆記・補聴援助システム(磁気誘導ループ)
posted by akki at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

北海道障害学研究会・学術講演会のお知らせ

はこだて未来大学の川越先生からご案内をいただきました。
転送可とのことでしたので、こちらにもアップさせていただきます。

参加無料、申込み不要で手話通訳・要約筆記がつきます。

日時:1月28日(金)16:00-18:00 (いつもと開催時間が違います)
場所: 公立はこだて未来大学・5階・593教室
題目:「札幌市パーソナルアシスタンス制度の実際」
講師:田中 耕一郎 先生(北星学園大学)

参加資格:特になし、市民の方でも参加できます
参加方法:事前申し込みは必要ありません、当日会場までお越しください。
主催者:北海道障害学研究会、川越敏司(公立はこだて未来大学・複雑系科学科・准教授)

田中先生は社会福祉学・障害学に関する研究がご専門とのことで
今回お話される
「パーソナルアシスタンス制度」は、障害者の自立と自己決定を促進するために
イギリスで始めに導入された新しい障害者支援制度とのことです。
日本国内では全国に先駆けて札幌市で導入されているようです。
posted by akki at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

TV番組のお知らせ

『きらっといきる』(NHK教育:全国放送) 
サブタイトル「本当の会話って なに?〜聴覚障害・今村彩子〜」

日時:12月24日(金)昼12時〜12時29分放送

「本当の会話」というところに興味がありますねぇ。
サイトの番組内容を読んでみると、手話に関連する内容だけでは無いようにも思えます。
平日ですが昼休み時でもありますので、携帯でワンセグ放送が視聴可能な方は
ご覧になってみてはいかがでしょうか。
posted by akki at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

TV番組のお知らせ(第6回高等教育支援シンポin仙台)

TV番組のお知らせです。

先日、筑波技術大学と宮城教育大学で実行委員会を組織し、仙台で開催された
シンポジウムの様子が放送されます。

シンポに参加できなかった方も、ぜひご覧下さい。

NHK教育テレビ「ろうを生きる難聴を生きる」

「今 学びの支援を考える 〜第6回高等教育支援シンポジウムから〜」
http://www.nhk.or.jp/fukushi/chokaku/backnumber/2010/11/1128.html
[放送日]11月28日(日)19:30〜19:45
[再放送]12月3日(金)12:45〜13:00
12月5日(日)19:30〜19:45
12月10日(金)12:45〜13:00

posted by akki at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

北海道障害学研究会・学術講演会のお知らせ

はこだて未来大学の川越先生から、北海道障害学研究会・学術講演会のご案内をいただきました。

参加無料、申込み不要で手話・要約筆記がつきます。

(以下、メール文より)

日時:平成22年11月29日(月)18:00-20:00
場所: 公立はこだて未来大学・5階・593教室

今回は、顔にあざなどがある「ユニークフェイス」の人々に関する研究がご専門の西倉実季先生(同志社大学)と
障害者の自立生活を研究している田中恵美子先生(東京家政大学)のお二人が講師です。

題目1:
「「異形」の人々の生きづらさ―顔にあざのある女性たちへのインタビュー調査から」
(同志社大学・西倉実季))

題目2:
「障害者の「自立生活」と生活の資源−事例調査をもとにして」(東京家政大学・田中恵美子)

西倉実季先生の著書:
・西倉実季『顔にあざのある女性たち―「問題経験の語り」の社会学』
 生活書院、山川菊栄賞受賞
・倉本智明編『手招くフリーク』生活書院

田中恵美子先生の著書:
・田中恵美『障害者の「自立生活」と生活の資源』生活書院

参加資格:特になし、市民の方でも参加できます
参加方法:事前申し込みは必要ありません、当日会場までお越しください。

(ここまで)
posted by akki at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

ユニバーサル上映・函館上映会

〜みんなで楽しむ映画祭〜
「北海道ユニバーサル上映映画祭 函館上映会」のご案内。


2日間・2作品上映&講演会でっす。
芸術の秋、良作の映画鑑賞などいかがでしょうか?

作品1:「恋するトマト」 

日 時:11月27日(土)13:20〜

※上映後に講演会有り(大地康雄・小檜山 博)15:30〜

場 所:函館市芸術ホール(函館市五稜郭町37-8)


作品2:「ライズアップ」

日 時:11月28日(日) 

1回目 10:30〜 2回目 14:00〜

※上映後に講演会有り(中島監督、盲目の写真家・大平啓朗)

1回目 12:00〜 2回目 15:30〜

場 所:函館大谷短期大学多目的ホール(函館市鍛冶1-2-3)


【チケット】 

一  般 …1,200円(当日1,500円)
小中高生 … 700円(当日1,000円)

お問い合わせ先:
実行委員会事務局 函館保健企画内 橋本和幸
(Tel:0138-31-0010、Fax:0138-31-9919)

☆27日、28日両日映画鑑賞される方は1日目のチケットの半券を持って行くと…
 2日目は割引料金(一般:800円 小中高生:500円)に!! Σ( ̄口 ̄*)


<ユニバーサル上映とは>
日本語字幕、補聴援助システム(磁気ループ)、手話・要約筆記等を用意し
障害の有無に関係なく、映画を楽しめる環境での上映会です。

posted by akki at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

函館市民オペラ(字幕付き)

今年の函館市民オペラにも、パソコン要約筆記サークル「つばさ」による字幕つきで上演されます。
つばさの方々も、どう表示すれば舞台と合った字幕になるか等
例会やリハーサルで工夫しておられるようです。

この市民オペラでの日本語字幕については
健聴者の鑑賞者にも「内容が良くわかる」と好評だと伺ったことがあります。
芸術の秋、この機会にぜひ鑑賞してみては如何でしょうか?


演目:歌劇「リゴレット」 ヴェルディ作曲
http://www.hakomachi.com/townnews/2010/10/post-232.html

日 時:11月7日(日)開場:午後1時30分 開演:午後2時
会 場:函館市民会館大ホール
チケット:指定席 2,500円 自由席 2,000円(当日券 500円増)
※市民会館、芸術ホール等でお買い求めいただけます。

(あらすじ)
http://www.kagoshima-hall.or.jp/jisyu/H16jisyu/rigolettostory.htm

posted by akki at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする