2020年11月07日

10月振り返り(その1)

11月に入ってもう1週間なんですね〜。
例年だと、函館市身体障害者福祉大会があってバタバタしているんですが
早々に中止が決まっていたので、なんだかボヤッとしてました。(^_^;

あ、「鬼滅の刃」の字幕付き上映。なんとか最終日のレイトショーで鑑賞できましたです。
前日の出勤前の朝(風雨で寒かった...)に開館前から並んでチケット買いまして。
いや別に流行にのったわけではなく(笑)テレビアニメの特集編(2回)を観た際に面白かったんで。
それにしてもすごい人気ですね〜。バス停並に上映回数があるのに、満席の日が続出とか。
もし次回劇場版が上映される時もこんな感じでしょうか・・・心してかからねば。(^o^;

さて、10月を振り返ってみますと以下のような感じでした。

【10月例会】
10月4日(日)に亀田交流プラザで「交流会(意見交換会)」を実施しました。
前半は「読話」をクイズ形式でやり、読み取り方、話し方(伝え方)の工夫などを参加者同士でやりとり。
コロナ禍でマスク着用が常態化している昨今では読話も活用しづらいですが
家での家族間の会話などで実践できればと思います。

後半は「意見交換会」ということで、参加者から
『聞こえの自己紹介』『聞こえないことで困る場面と、その対処方法』について
それぞれお話していただきました。
「聞き取りにくいことで会話が難しくなり、無口になってしまった」という方や
「片耳に補聴器を装用して聞こえていたが、最近聴力が落ちてテレビ音声が聞き取りにくくなった」
「全く聞こえないので、最初から筆談をお願いしている」等、様々な紹介がありました。

困り事としては
「複数人で会話されている時に聞き取りができず、孤立してしまいがち」
「病院での呼び出しがわからない」
「買い物時のレジ対応」等が挙げられました。

それぞれ「周囲が筆談での会話共有の配慮をすること」や「要約筆記の活用」
「レジでの応対を想定しておく(わからない時はジェスチャーしてもらう、スマホの音声認識を使用)」等
対応案も出されました。

また、要約筆記サークルの方の参加もあり
「要約筆記利用時に不明な点があった場合や、希望等は遠慮なく話してほしい」との意見もありました。

少人数での例会になっちゃいましたが、その分それぞれの意見をしっかり聞くことができ
結果的には良かったと思います。

〜10月振り返り(その2)に続きます〜






posted by akki at 09:51| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。