2018年11月30日

11月を振り返りまして〜その2

というわけで昨日の続きでございます。...(^_^;

【11月例会】

「難聴者教室」が終わったあと、お昼休みを挟んで引き続き同じ会場で11月例会を行いました。

前半にアイスブレイクとして、ちょっと?頭を使ったゲームをやった後
難聴者・中途失聴者、健聴者それぞれに、ワークシートの設問に対する回答を記入いただいた後
参加者各位の立場からのお話や、今後やってみたい例会内容などをあげていただきました。

アイスブレイクが予想以上に盛り上がったため、後半の時間がオーバーしてしまいましたので
次回は時間と開場に余裕をもってやりたいと思いまっす!


【電話リレーサービス学習会】

(一社)全日本ろうあ連盟主催、(公社)北海道ろうあ連盟主管で開催され、道内では札幌・帯広に続いて
函館が三カ所目にして最終回だったようです。
要約筆記の準備もありとのことでご案内いただきましたので、参加してきました。

『電話リレーサービスとは、聴覚障害者と聴者を電話リレーサービスセンターにいる通訳オペレーターが
「手話」や「文字」と「音声」を通訳することにより、電話で即時双方向につなぐサービスです。』
※日本財団さんのサイトから引用させていただきました。

海外ではずいぶん前から公的サービスとして普及しているのですが、日本ではまだ周知も制度も進んでいない状況です。

当日は講演が2つ
「世界の電話リレーサービスの状況等について」
「電話リレーサービスの制度化について」

1つめの講演では、海外諸国の利用制度や日本での実施状況との比較、今後の課題などのお話がありました。
2つめの講演で印象に残ったのは、私たちが支払っている電話代金に含まれているユニバーサルサービス料について
加入電話や公衆電話、緊急電話などを全国どこでも使えるようにするための基金とされているとのことですが
これは「音声通話」だけということでした。
聴覚障害者もユニバーサルサービス料を支払っているのですから、電話リレーサービスにも
この基金が活用されるとなると、公的制度化も現実的になってくるでしょうかね?
国会でも取り上げられたとのことですので、2020年のオリンピック・パラリンピック
2025年の大阪万博と日本で開催される国際イベントが控えていますので、公的制度化が進むよう期待したいところです。

この他、現在無料で実施している日本財団さんから「電話リレーサービスの取り組みについて」の説明と
電話リレーサービスのデモンストレーションも行われました。

現状、日本財団さんで実施しているのは、動画による手話を使った方法か
パソコンやスマホなどで文字入力でやりとりする方法のいずれかなのですが
公的制度化されるようになった際には、利用者側が「声」で話して、相手から「文字」で内容を受け取る方法も追加してほしいところですね。

盛りだくさんな内容で、電話リレーサービスについての理解を深める良い機会になりました。

ちなみに、日本財団さんでは現在も電話リレーサービスの利用登録を受け付けているとのことですので
使ってみたい方は、ぜひ登録して活用してみてください。
※「電話リレーサービス 日本財団」
posted by akki at 22:50| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。