2018年11月29日

11月を振り返りまして〜その1

11月も最終週で、週末はもう師走に入るんですねぇ。

さて、11月はイベントが多い時期なのですが、ほぼ毎週日曜に出かけていたような気がします。(^_^;
というわけで、1ヶ月を振り返ってみます〜。

【函館市身体障害者福祉大会(11月4日)】
例年この時期に開催されていますが、障害当事者で就労を通じて自立し、活躍してこられた方々
障害者の援護功労に尽力してこられた方々の表彰や、全体会での各障害当事者団体からの要望事項などが
あげられます。
今年度は要約筆記部門で、手書き要約筆記サークル「あさがお」のYさんが
函館市身体障害者連合会会長賞・援護功労者として表彰されました。今後益々のご活躍を期待しています!
各賞表彰後の全体会での要望事項は提起では、函館中失協からは
障害手帳を所持していない中等度難聴者も、必要に応じて要約筆記派遣制度を利用できるよう要望提起しました。
また大会宣言には、北海道で今年4月に施行された「意思疎通支援条例」「手話言語条例」について
函館市での条例化していただくよう、文言が盛り込まれました。


【難聴者教室】
10月14日から始まった「難聴者教室」も手話(4回)と
「言語聴覚士のお話」(11月25日)の計5回を無事に終了できました。

手話の方は4回で延べ41名が参加、初歩の手話を要約筆記とスライド表示で進めました。
わからないところは手話辞典で予習したりと、こちらも勉強になりました。。。
これをきっかけに、少しずつでも単語を覚えていただき、会話コミュニケーション時に使っていただければと思います。

「言語聴覚士のお話」では、言語聴覚士の多岐にわたる業務内容や
言葉はどういう仕組みで覚え、発せられるのかというところから
発声には聴覚が重要な役割を果たしていること同じ口を動かす動作として「食べる」ということについての
お話も伺うことができました。人間の体や脳って神秘的なんですねぇ。

<明日に続く...>

posted by akki at 23:05| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。