2017年08月31日

8月を振り返りまして。

8月も今日で終わりですが、朝晩涼しいというよりは少し肌寒い風も吹くようになった函館です。
例年、8月はイベントが毎週のようにあり、世間一般ではお盆休みとか夏休みの時期なのですが
函館中失協的には忙しい時期だったりします。(^_^;


【8月20日】「総合福祉センターまつり」
今年も函館市総合福祉センター(あいよる21)で開催された「センターまつり」に
バザー出店で参加しました。
売り場が例年と違うスペースになったので、当日どういう形で集客・販売できるかな〜と
少々心配はありましたが、想定していたよりはお客さんも寄ってくださってました。
お買い上げありがとうございました!
また、バザー品の提供から値段付け、前日準備や当日販売などでご協力いただいた会員の皆さん
今年もありがとうございまっす!


【8月27日・その1】障がい者のふれあい交流事業
こちらは社協主催で、例年開催されているイベントです。
以前は大勢のボランティアさん(看護学校や福祉専門学校などより)と一緒に森町までJR列車で行き
青葉ヶ丘公園でお弁当食べたり、広場でレクリエーションという内容だったのですが
いろいろあって現在は函館市総合福祉センターでやってます。
内容的には変わらず、ボランティアの皆さんも交えてのレクリエーション等という形でして
函館中失協からは5名の参加でした。
以前はボランティアで来てくださっている学生の皆さんとお話する時間も結構あったのですが
ここ数年はそういう時間がほとんどなくなっていまして、ちょっと淋しく感じております。(T_T)
そろそろ何らかの工夫が必要かな〜と思うところの多かったイベントでしたが
早朝からご準備いただいた社協の皆さん、貴重な休日に大勢来てくださったボランティアの皆さん
ありがとうございました〜!


【8月27日・その2】UDトークイベント「はこだて国際科学祭」
以前、当ブログでもお知らせしていましたイベントに参加。
『科学夜話スペシャル テクノロジーが導くこれからの共生社会』
http://cyushitsukyo.seesaa.net/archives/20170802-1.html

まずは音声認識アプリ「UDトーク」開発者の青木秀仁さんからの講演で
アプリの様々な機能の紹介や活用事例のお話がありました。
お話の中で印象深かったのは、防災訓練で使用されている所もあるということで
スマホやタブレットPCは、災害時の情報取得ツールにもなり得ますが
UDトークのようなアプリを活用した防災訓練や講習がこちらでもできれば良いですね。

後半は、パネルディスカッションという形でして
青木さんの他のパネリストに、障害者を雇用している企業、教育大地域共同センター
コーディネーターに函館ろう学校PTA会長さんという構成で進められました。
今後、UDトークのような人工知能技術を活用したアプリや、ICT機器の普及で
障害の有無に関係なくというか、障害を意識せずとも暮らせるような社会が来るかもしれませんねぇ。
有意義な内容のお話を聞けた時間でした。
なお、当日のUDトークの誤認識修正は、2名のスタッフが担当されていました。
PTA会長さんは、どこかでお見受けしたお顔だな〜と思っていたのですが
終了後に話しかけましたら、去年のパソコン要約筆記講座を受講されていた方でした!
\(^▽^)/







posted by akki at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。