2017年07月16日

19回目の「青函交流」

昨日まで暑い日が続いていましたが、ようやく一息ついた感じの函館でございます。
夜になってから、家に入ってくる風もちょっと肌寒いくらいです。

先週は第19回目となる「青函難聴者の集い」が青森県で開催されました!
1泊2日、函館組は総勢11名での参加となりました。(新幹線組8名、フェリー組3名)

青函交流ということでは1年振りの再会でしたが、好天過ぎるお天気の下
迫力のある「ねぶた」の展示も見ることができる「ねぶたの館・ワラッセ」での
「ねぶた体験ショーから始まり、浅虫水族館、そして宿泊先の「東北温泉」での懇親会と
楽しませていただきました〜。(^o^)

↓バス車内
H29らっせらー.JPG

今回は懇親会時に参加者一人一人から自己紹介や参加コメントなどの発言時間があり
より、お互いのことを知るきっかけになったのではないかと思います。

個人的には温泉がお気に入りで3回も入ってしまいまして。
モール温泉というのだそうですが、良い感じに肌になじみましたです。お肌つるっつるでございましたw

2日目は、「道の駅しちのへ」に隣接した鷹山宇一記念美術館にも立ち寄らせていただき
「ルドゥーテのバラ展」を、学芸員さんからの説明(要約筆記つき)で鑑賞できました。
帰りは道の駅でのお土産タイムの後、近くのイオンモール内で解散〜となりました。
青森の皆さんには2日間、大変お世話になりありがとうございました!

<雑記>
今回、JR切符を函館駅の「みどりの窓口」で購入したのですが
i−Padの筆談アプリ(筆談パッド)で対応してくださった職員さんもおりました!
今後はぜひ「耳マーク」も併用した掲示で「筆談対応します」をアピールしていただければと思いまっす!
(^0^)

posted by akki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック