2016年11月06日

【本日】第63回函館市身体障害者福祉大会でした。

昨日まで結構あったかかったんですが、今朝はいきなり雪がちらつき始め
急に寒くなった函館でございます。なんか一気に冬キターって感じです。(^^;

今日は、例年11月1週目に開催される「函館市身体障害者福祉大会」の日で
今回で第63回とのことでした。

今年度は、函館中途失聴者・難聴者協会から
「函館市身体障害者福祉団体連合会会長賞・自立更生者」として
パソコン要約筆記サークル「つばさ」から
「社会福祉法人函館市社会福祉協議会会長賞・援護功労者」として
それぞれ1名が表彰されました。おめでとうございまっす!!

自立更生者表彰のHIDEさんは、お仕事でお忙しい中、函館中失協の例会等でのムードメーカーとして。
また援護功労者表彰のNさんは、つばさの設立準備会の時からご尽力いただき、現在の函館での
パソコン要約筆記の礎を築いてくださった方です。
ちなみHIDEさんもつばさ設立に関わってくださっていましたので、何か感慨深いものがあります。(^_^)
お二人の今後引き続きのご活躍をお祈りしたいと思います。

表彰後の全体会では、4団体から6項目の要望事項が提出されました。
函館中途失聴者・難聴者協会からは下記のとおりです。
「公的機関における聴覚障害者に対する“耳マーク”掲示等を活用した合理的配慮(筆談等対応)」

他、「障害者の災害時の避難マニュアル整備」について、函館聴覚障がい者協会より提出されましたが
これに関連して、会場より「障害者を対象とした避難訓練の必要性」について補足意見が出されました。

提出された要望内容については会場から拍手多数で承認され、身障連を通して函館市に提出されることなりました。

昼食を挟んだ後の、「ふれあいの集い(アトラクション)」は
オープニングに江差追分函館支部声徳会の民謡(「江差追分」など)。
その後の講演は、宗教法人獄浄山 正覚院東堂のご住職 松村俊昭氏による
「よき生き方をめざして」というテーマでのお話でした。

開催準備に関わった皆さん、来場された皆さん、大変お疲れ様でした。
提出された要望内容について、良い回答があることを期待したいと思いまっす!(^0^)
posted by akki at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック