2006年10月08日

イベントお知らせ。

全難聴より、下記のとおり情報連絡がありましたので
こちらにもアップしておきます。

“出直してよ!「障害者自立支援法」10.31大フォーラム”
                     への参加のご要請

 障害者自立支援法がこの10月本格実施されました。
 サービスの1割という応益負担は私たちの肩にずっしりと重く
のしかかって、日々の暮らしが壊されつつあります。また、共同作業所や
通所施設に対する補助金は日割り計算となり、軒並み大幅減収となり
厳しい運営を迫られています。障害のある人のなかには、サービス利用を
抑制したり、中断する人が後を立たず、障害施策は明らかに自立支援とは
真反対の方向へ動いていると言わざるを得ません。
 国際舞台では、障害者の権利条約が今年暮れには採択されるという
障害者の人権確立に向けた大きな流れがあるにもかかわらず
「経済大国」日本の障害者施策は非常に大きく後退、いや破壊への道を
進んでいると言ったほうが正しいかもしれません。
 そこで、私たち日本障害者協議会は、理事会の決定を経て、障害者
自立支援法が昨年衆議院を通過した10月31日に、「決して忘れては
ならない」という強い思いを込め、障害者施策の抜本的な改革・出直しを
求め、“出直してよ!「障害者自立支援法」10.31大フォーラム”の
開催を、関係団体・関係者に提唱、企画しているところであります。
 このフォーラムは、私たち日本障害者協議会、DPI日本会議や全国
自立生活センター協議会(JIL)を中心とする障害者の地域生活確立の
実現を求める全国大行動実行委員会、そして全日本ろうあ連盟が事務局
団体となり、全国各地で取り組む障害者・関係者による障害者自立支援法
関係の横断的な「実行委員会」と連携した共同フォーラムです。
また、多くの著名人がこのフォーラムに賛同の声を寄せており、まさに
障害のあるなしを越えた、全市民的なフォーラムとなりつつあります。
まさに“すべての人の社会”の実現をめざしたものといえます。
 3年後とは言わず、矛盾だらけの障害者自立支援法を今すぐ一から
出直させ、障害者権利条約に則った総合的な障害者法制の確立と
サービスの基盤整備の大幅な推進へと状況を転換させなければなりません。それには障害者関係予算が人権と生命の保障という観点から、適切な水準
へと引き上げられるようにすべきなのです。
 以上の認識から日本障害者協議会は、この10月31日の集会
“出直してよ!「障害者自立支援法」10.31大フォーラム”を
何としても成功させることが重要であると考えております。

1、日時 10月31日(火)12時集合 開始12時半〜16時半終了
2、場所 東京・日比谷公園周辺
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kouen/kouenannai/park/hibiya.html
日比谷公会堂/日比谷野外音楽堂/厚生労働省前など
3、内容 シンポジウム、活動・意見交流、デモ行進、国会議員要請など
(別紙呼びかけ文、チラシを参照してください。下記アドレスより)
ホームページアドレス http://www.normanet.ne.jp/~jadh/1031.html
★なお、2箇所の会場には情報保障として「要約筆記」がつきます。

posted by akki at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自立支援法関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック