2006年07月26日

DPI北海道ブロック会議から。

函館中失協会員より、DPI北海道ブロック会議からのメールを
転送していただきましたので、こちらの方にもアップします。


Subject:「第1弾障害者自立支援法アンケート調査」結果発表

皆さま

いつもお世話になっています。
去る6月5日からインターネットやDPI日本会議月刊紙等で呼びかけて
実施をしました「第1弾障害者自立支援法アンケート調査」の速報が
まとまりました。
つきましては、DPI日本会議のウェブサイトからご覧くださるようご案
内いたします。

(ルビあり:ワード形式)
http://www.dpi-japan.org/shiennhi-tyousakekka-rubi.doc
(ルビなし:ワード形式)
http://www.dpi-japan.org/shiennhi-tyousakekka.doc

 今回の調査結果から見えてきた点として以下のことがあげられます。
・481名の回答者の内、ホームヘルプや通所授産、グループホーム等の
サービスを使い、地域で暮らしている障害者の声と生活実態の様子が寄
せられた。特に、重度障害を持つ者の比率が高い(約3分の2が障害年
金1級、44%が特別障害者手当)
・やはり、重度であればある程負担が重くなり、いきなり上限額一杯の
負担増となっている
・そのためガイドヘルプやホームヘルプ、通所等を減らしたり、貯金を
取り崩したりと、地域生活を直撃している状況が浮き彫りになった。
・また、10月からの支給決定や新しいサービス体系への移行の中で、さ
らにサービスが使えなくなるのではとの不安も多く寄せられた。

 「何としても地域で暮らしたい、暮らし続けたい」との「われら自身
の声」を実現していくために、今回寄せられた声と実態を今後の見直し
に反映させていき、厚生労働省や国会及び地方自治体へ働きかけていき
たいと思います。
 アンケート実施に協力を頂いた各地の皆様、広報にご協力を頂いた
皆様、あらためて感謝を申し上げます

 今回の調査結果をふまえて、さらに、10月以降の支給決定・新サービ
ス体系の移行の影響把握のための、第2弾調査を秋に実施予定ですの
で、その時には、ご協力をお願いいたします。


**************************
DPI北海道ブロック会議
〒060-0004
札幌市中央区北4条西12丁目1-55
       ほくろうビル5F
e-mail:info_hokkaido@dpi-japan.org
      http://www.dpi-japan.org/hokkaido/

〜DPI北海道では、活動をともに進め、支えていただける正会員
 未来会員、賛助会員(個人・団体) を募集しています。
 詳細はホームページでご確認ください。〜
**************************

posted by akki at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自立支援法関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック