2009年12月12日

人工内耳関連助成

12月11日(金)の北海道新聞20ページの函館版の中で函館市議会の記事が掲載されていましたが
「函館市が人工内耳装用者への電池代助成制度を検討する方針を示した」
というくだりがありました。

ボタン電池でしょうか、月額3,000円程度の費用がかかっているとのことで
実現すれば、人工内耳装用者の負担も随分軽くなりますね〜。^^

他でも、人工内耳についての助成を行っている自治体があります。
電池代や、体外機器(スピーチプロセッサー)の耐用年数経過後に
故障などで買い換えが必要と場合に購入費の助成が実施されているようです。

特に買い換えについては、今後、旧型機器の部品製造中止により
買い換えが必要となるケースが出てきますので、ぜひ実施していただきたいと思います。


posted by akki at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴覚障害関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック