2009年01月13日

難聴者人口

いくお〜るさんのブログで見つけた情報です。

昨年末に全難聴主催で開催された「聴覚補償リハビリテーション」 シンポジウムでの
日本補聴器販売店協会の石井喬志氏「補聴器関係」講演の中で
日本の人口比率で15.4%が難聴者(軽〜重度、難聴の自覚有無も含)というデータが報告されたとのことです。

日本の人口(平成20年5月)125,950千人、その15.4%の19440千人、約2千万人が難聴者とのこと。

データの内訳は、いくお〜るさんのブログをお読みください。
そのうち、シンポの記録集も全難聴から出されるかと思います。

ちなみに、函館市は身障者手帳所持の聴覚障害者だけで約1,000人いるそうです。
上記のような、障害等級に該当しない難聴者も含めるとさらに増えると予想されます。

難聴の場合、同障者が居ないんじゃなくて、見えにくいということなんですよねぇ。

posted by akki at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴覚障害関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック