2008年10月25日

全難聴「聴覚障害学生の講義保障に関する要望書」提出

今日のお昼に再放送のあった「ろうを生きる難聴を生きる」で思い出しましたが
全難聴と全要研の連名で、文科省あてに
「高等教育機関における聴覚障害学生の講義保障に関する要望書」
提出しています。

何かを学びたいと思った時、最初に立ちはだかる壁が、情報保障の問題なんですよねぇ。
この前の未来大学で講演された後藤先生のいる、フェリス女学院大学のように
学校側で配慮のある場合のように気兼ねなく学問に励める環境が望ましいのですがね。



posted by akki at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴覚障害関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック