2018年06月12日

第13回・北海道ユニバーサル上映映画祭(七飯上映会)

映画関連ネタが続きますが、今週末のユニバーサル上映会のお知らせでっす。


会期:6月17日(日)

会場:七飯町文化センタースターホール

【スケジュール】
10時00分
「八重子のハミング」上映(112分)
       
13時00分
関連企画「認知症、本人(家族)の思い」

お話 佐藤謙受さん、佐藤悠子さん
進行 認知症グループホームあずましの里管理者 長根山雅巳さん
   北海道教育大学函館校3年 湯澤京加さん

13時45分
「アフガニスタン用水路が運ぶ恵みと平和」(65分)
本編:緑の大地計画の記録(30分)
技術編:PMSの灌漑方式(35分)

※PMS=平和医療団・日本
企画:ペシャワール会/朗読:吉永 小百合

【その他】
11時00分〜14時30分で「シネマカフェ」開設しています。

【チケット料金】
一般 800円(当日券1,000円)
七飯町民割引券 700円(当日も同じ)
高校生以下 無料

※チケットは函館市総合福祉センター(あいよる)3階の身障連や七飯町文化センター
 七飯町社会福祉協議会で取り扱いしています。ご希望の方はお取り寄せください。

☆ 無料送迎バスあり ☆
函館・七飯会場の臨時バス(無料)運行もあります。

【函館→七飯】
8時40分 国立函館視力障害センター(湯川)前発
9時00分 函館市総合福祉センター(あいよる)裏側入口発
9時30分 七飯町文化センター着

【七飯→函館】
15時10分 七飯町文化センター発
posted by akki at 22:39| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

【6月例会】「日本映画の日本語字幕版体験講座」でした!

本日は東京から「Palabra(パラブラ)株式会社」様にお越しいただき、標題の講座を実施しました!

情報保障にパソコン要約筆記を用意し

「バリアフリー字幕体験」
「バリアフリー映画の現状とこれから」
「自動同期アプリUDcastとは」
「メガネ型字幕端末体験」

上記内容をスライドを交えながら、講師の山上様(Palabra株式会社・代表取締役)からお話いただきました。

バリアフリー字幕体験では、同じ映画の一場面を
@映像のみ(音声無し)
A映像+台詞字幕のみ(洋画の字幕版のような形)
B映像+バリアフリー字幕(話者の名前や、環境音も表示)
以上3パターンを順に見比べました。

Aの字幕を見た時に何となく違和感を感じたのですが、いつもTVや邦画字幕付き上映で
Bの字幕を見慣れているためだったのか〜と納得。(^^:

素材集め(映像、台本等)、字幕制作、モニター検討会(映画制作者、字幕制作者、障害当事者)
というステップを踏んで、最終的な「バリアフリー字幕」ができるのですが、一番重視しているのは
「モニター検討会」とのことでした。
様々な立場の方の意見や尽力があって、普段観ているバリアフリー字幕ができているんだな〜と実感!
まさに「プロの仕事」だな〜と思いました。

「UDキャスト」については、スマホや字幕グラスで字幕を観ることができるアプリという
漠然とした知識だったのですが、映画館でのWi-Fi等は必要なく、事前に字幕データをダウンロードしておき
スマホ等のマイクで音を拾って字幕を同期させる、というシステムだったようです。
「映画館で観るならWi-Fiなきゃだめかな〜」と考えていたので、勉強不足を思い知らされました。(^^;

後半、UDキャストでのバリアフリー字幕を「字幕グラス」で実際に体験することができました。
字幕グラスは、バリアフリー字幕専用のものではなく、エプソンの「モビリオ」という機器でしたが
個人的にはそれほど重くも感じず、予想よりも遙かに「よく見える」という感じでした。
映像と一緒に、字幕グラスで「手話」も見ることができたのにはびっくりでした!

UDキャストは、映画のバリアフリー字幕だけではなく、他にも観劇などにも利用可能なのですが
実際に沖縄の「美ら海水族館」のイルカショーでも活用されているそうです。
沖縄に行く機会がある方は、ぜひお試しください!

これまでに実施されている映像への焼き付き型字幕の他、UDキャストで観る字幕も出てきたことで
今後は観る側の選択肢が増えていく方向になっていきそうです。

Palabra社の皆様、ありがとうございました!

字幕体験講座.jpg

posted by akki at 22:54| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

【6月分】邦画・日本後字幕付き上映情報

小学校では運動会シーズンですが、今日は晴天で絶好の運動会日和となった函館でございます!

ここ1週間ほどPCが不調でして、6月も始まってしまいましたが
今月の字幕付き上映のご案内です!


『恋は雨上がりのように』
6月10日(日)〜12日(火)
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/koiame-movie.html

『OVER DRIVE(オーバードライブ)』
6月16日(土)〜19日(火)
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/overdrive.html

『羊と鋼の森』
6月23日(土)〜26日(火)
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/hitsuji-movie.html

<割引料金設定> 
シネマ太陽函館:
身障者手帳所持者は、受付に提示で1,000円
(同行者2名まで1,100円で鑑賞可)

※スケジュール変更の可能性もありますので、上映回数・上映開始時間も含め
 お出かけの際は念のため新聞等、または劇場にご確認ください。

「シネマ太陽函館 ホームページ」
http://www.taiyogroup.jp/movie/hakodate


別件ですが、今月の当会例会は『日本映画の【日本後字幕付き版】体験講座』でして
映画のバリアフリー化業務に関わっておられます「Palabra株式会社」様にご協力いただきます。
http://palabra-i.co.jp/

開催内容については、後日こちらでも報告したいと思いまっす!

posted by akki at 11:53| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする