2017年11月26日

「難聴教室」全回無事終了〜。

今年度の「難聴教室」(手話5回、読話3回)、新しい試みもありましたが
おかげさまで何とか無事終了しました〜。一般の方も6名ほど見えられました。

まず手話の方は、今年度は中途失聴者・難聴者当事者の立場からの初歩的な内容を
お教えする形で進行しました。
不慣れでしたが、逆にゆっくり進めることができたのは初心者の方には良かったかも?(^^;

読話の方は、昨年同様に函館聾学校の先生にご協力いただきましたが
説明時の情報支援として、音声認識アプリ「UDトーク」を活用しました。
先生の発音・滑舌がよかったので、認識率は結構よかったと思いますが
「読話の指導」という特殊な状況でもあったので、この辺は工夫が必要かな?とも思いました。
誤認識の修正や、通信を安定する手段など、課題を見つけることができたのは収穫だったと思います。

「UDトーク」については、当会の音声認識アプリ活用サークルでも使用しているところですが
今後も個人利用、団体での活用方法等、考えていきたいと思いまっす!
posted by akki at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

【ご案内】函館ユニバーサル上映会

今週は降雪で始まった週でしたが、今日も朝から吹雪いてまして
今年初の雪かきをする羽目になりました。。。

さて、明日(26日・日曜)は、総合福祉センター(あいよる21)5階多目的ホールで
ユニバーサル上映・函館上映会が開催されます。

今回の上映会では、初めての取り組みとして、UDキャストによるクローズ方式で実施するそうです。
これまでは、会場全体に音声ガイドが流れるオープン方式で実施していましたが
UDキャストは、今や一般の映画上映館でも実施されていますので、視覚障害の方にはより聞こえやすく
なるのではないかと思います。

UDキャストはスマホのアプリを使用して音声を聞き取りするものですが
スマホを使っていない視覚障害の方もいるため、今回はサポートの大学生が隣の席で
スマホの操作&サポートをしてくれるそうです。
(事前申込み制とのことなので、当日の申込み対応は難しそうです)

以下、UDCastのサイトアドレスです。
http://udcast.net/

というわけで、上映会のタイムスケジュールをお知らせします。
前売り券を買っていない方は、当日券もあるようです。
一般:1,000円(高校生以下、無料)

11月26日(日)
9:30〜 開場
9:45〜 「彼らが本気で編むときは、」 第1回目上映(127分)
12:30〜 学生主体企画「『ふつう』ってなんだろう グループディスカッション」(60分)
13:45〜 「彼らが本気で編むときは、」 第2回目上映(127分)

上映作品については、下記サイトをご参照ください。
http://kareamu.com/
posted by akki at 21:23| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

「難聴教室(読話)」UDトーク情報支援付き

今日は風もなく、なにげに暖かい1日だった函館でございます。

さて「難聴教室」、手話の方は全5回を何とか無事?乗り切りました〜。(^^;
ご参加いただいた皆さん、情報保障の要約筆記の皆さん、ありがとうございました!

残すところ2回ですが、いずれも「読話」です。
1回目同様に、函館聾学校教頭・飯出先生にご指導いただきます。
また、UDトークによる情報支援も実施します。
UDトークに関しては、1回目の時よりは環境整備された状態で臨めそうです!
 
<日程>
11月11日(土)、11月18日(土)
いずれも 13時30分〜15時30分
 
<場所>
函館市総合福祉センター(若松町 あいよる)

以上です。興味がおありの方はどうぞお気軽にお顔出しください。(^_^)
posted by akki at 21:11| Comment(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

「聞こえの相談会」無事終了〜!

10月29日(日)の「聞こえの相談会」、無事終了しました!

前半は補聴器メーカー「フォナック社」のデジタル補聴援助システム「ロジャー」の説明と
受信機を使用した試聴体験を実施。
「聞こえの課題とロジャーによる解決方法」と題したスライドで
基本的な「補聴器の課題」、各年代における課題として
「難聴児の教室内での聞こえ」「成人装用者の聞こえ(会議の場など)」を挙げ
ロジャーの活用でどのような解決が図られるか、具体例を挙げられていました。
音声認識アプリ「UDトーク」との相性も良さそうです。

引き続き後半は、札幌医科大学付属病院・耳鼻咽喉科で言語聴覚士としてご活躍されている
海崎文先生による講演と公開相談会に移りました。

補聴器と人工内耳の聞こえの違いや、人工内耳の基本的なお話をいただいた後
事前に会員から集まった相談内容と、当日会場から挙げられた質問・相談にご回答いただきました。
講演後のアンケートでも「わかりやすかった」との回答が多く、好評でした。

なお後半でも、設置していたヒアリングループのループアンテナを流用してロジャー専用のマイクを
使用できましたので、引き続きロジャー受信機を使用したり、補聴器や人工内耳のTコイルで聴講できる
環境となりました。

参加者は、会員外の難聴者の方や、人工内耳をしているお子様、聾学校の先生や地域の言語聴覚士の方々も
ご来場くださっており、会場後方に展示されていた人工内耳機器やロジャーなどにも興味を示されて
お話されていた方も多かったようです。
ご来場ありがとうございました!

また、海崎先生始め、フォナック・ジャパン(株)様、機器展示でお越しいただきました人工内耳メーカー各社のご担当者様、ありがとうございました!

このイベントをきっかけに、聴覚リハビリや補聴援助システムへの周知と理解が少しでも広まってほしいと
思います。
posted by akki at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする