2016年11月24日

「UDトーク活用講習会」無事終了〜!

11月20日(日)に開催しました「UDトーク活用講習会」ですが
スマホやタブレットを持参の方、持ってないけど見学の方も含めて37名の参加がありました。
帯広、札幌、室蘭といった遠方からの参加もありましたです。

情報保障は、PC要約筆記(文字通訳)、手話通訳、補聴援助システム(磁気誘導ループ)の他
UDトークによる音声認識表示も実施。当日の参加者に、UDトークforWindowsを使用しての
音声認識の誤表示を修正する支援体験もしていただきました。

講師の青木さんからはUDトークの仕組みや、健常者と聴覚障害者とのコミュニケーションはもちろん
視覚障害者と聴覚障害者、また多言語翻訳機能による外国人の方とのコミュニケーション
かな文字表記による世代間コミュニケーションなど、様々な場面で活用できるまさに「UD」なアプリで
あることが理解できました。
メガネ型のウェアラブル端末での字幕表示体験もできました。

聴覚障害者等は「見て」使う、健聴者等は話して相手に伝えるために使うという
障害の有無に関係なく、幅広い方がユーザーとなれるアプリだと思います。

いくつかグループを作り、Wifiのネットワークを使用しての音声認識や手書きでの
コミュニケーション体験の時間もありました。

UDトーク単体で使用する場合は、これまで要約筆記や手話通訳が入っていけなかった場面
家庭などでの日常生活でも活用が考えられます。
既存の情報保障手段(手話や要約筆記)と組み合わせる運用の提案もありました。
これまでの情報保障に替わる手段ということではなく、選択肢が1つ増えたという感じですね。

音声認識が主な機能のアプリなので、話し手の話し方の工夫が必要だったり
発言が重複しないようにするなどは、要約筆記や手話通訳利用時と同じですので
UDトークがあれば万全ということではなく、周囲の理解と協力が必要なことに変わりはありません。
この辺を十分に理解して活用していくことが重要とのことでした。

単純に音声認識精度の高いアプリというだけではなく、ネットワーク化することで
聴覚障害者が複数人での音声会話に加わることができるというのが最大の魅力だな〜と感じました。
まさに「会話の見える化」アプリですね!

北海道では1番目の講習会開催でしたが、おかげさまで無事終了し、参加された皆さんのアンケートも
満足された意見が多かったのが何よりでした。(^o^)

年度内に道内ではあと2回、札幌と帯広で開催されます(詳細は後日案内があります)。
近くにお住まいの方は、ぜひ参加して体験してみてください!

<当日会場の様子>
3つのスクリーンは、向かって左がUDトーク表示用、中央がプレゼン用、右側がPC要約筆記用。
H28.11_UDトーク会場.jpg
posted by akki at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

【11月】邦画日本語字幕付き情報

今日は朝からボッタボタの雪が降っていまして、吃驚の函館でございました。(^^;
すぐ融けるかと思いきや、日中ずっと降ってたので結構積もってましたね。
函館で、11月のこの時期にここまで降るのはちょっと珍しいらしいです。。。

さて、11月の邦画字幕付き上映のお知らせです。

「ボクの妻と結婚してください」
11月13日(日)〜15日(火)

上映館:シネマ太陽函館
http://www.taiyogroup.jp/movie/hakodate/
身障者手帳所持者は、受付に提示で1,000円(同行者1名まで1,100円で鑑賞可)。

今月は今のところ、この1本だけです。
大ヒットした邦画アニメ「君の名は」を字幕付きで見ましたが、もう1度劇場で観たいですねぇ。
やっぱ映画館で観るのと、自宅でDVDで観るのとでは、当然ですが「入り込み方」が違いますもんね。

posted by akki at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

【本日】第63回函館市身体障害者福祉大会でした。

昨日まで結構あったかかったんですが、今朝はいきなり雪がちらつき始め
急に寒くなった函館でございます。なんか一気に冬キターって感じです。(^^;

今日は、例年11月1週目に開催される「函館市身体障害者福祉大会」の日で
今回で第63回とのことでした。

今年度は、函館中途失聴者・難聴者協会から
「函館市身体障害者福祉団体連合会会長賞・自立更生者」として
パソコン要約筆記サークル「つばさ」から
「社会福祉法人函館市社会福祉協議会会長賞・援護功労者」として
それぞれ1名が表彰されました。おめでとうございまっす!!

自立更生者表彰のHIDEさんは、お仕事でお忙しい中、函館中失協の例会等でのムードメーカーとして。
また援護功労者表彰のNさんは、つばさの設立準備会の時からご尽力いただき、現在の函館での
パソコン要約筆記の礎を築いてくださった方です。
ちなみHIDEさんもつばさ設立に関わってくださっていましたので、何か感慨深いものがあります。(^_^)
お二人の今後引き続きのご活躍をお祈りしたいと思います。

表彰後の全体会では、4団体から6項目の要望事項が提出されました。
函館中途失聴者・難聴者協会からは下記のとおりです。
「公的機関における聴覚障害者に対する“耳マーク”掲示等を活用した合理的配慮(筆談等対応)」

他、「障害者の災害時の避難マニュアル整備」について、函館聴覚障がい者協会より提出されましたが
これに関連して、会場より「障害者を対象とした避難訓練の必要性」について補足意見が出されました。

提出された要望内容については会場から拍手多数で承認され、身障連を通して函館市に提出されることなりました。

昼食を挟んだ後の、「ふれあいの集い(アトラクション)」は
オープニングに江差追分函館支部声徳会の民謡(「江差追分」など)。
その後の講演は、宗教法人獄浄山 正覚院東堂のご住職 松村俊昭氏による
「よき生き方をめざして」というテーマでのお話でした。

開催準備に関わった皆さん、来場された皆さん、大変お疲れ様でした。
提出された要望内容について、良い回答があることを期待したいと思いまっす!(^0^)
posted by akki at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「難聴教室」始まりました。

10月29日のエントリーでお知らせしておりました「難聴教室」がスタートしました。
初回は「手話」で、内容は「職場に関する手話」でした。

スライド表示されるテキスト内容を、講師が手話で説明していき、要約筆記(スクリーン表示)で
情報保障していきました。
次回も「手話」で、11月12日(土)です。お気軽にお顔出しください〜。(^o^)

【A4】H28難聴教室.pdf
posted by akki at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする